東京産業(株) 三田とときどき大嶋社長

群馬県前橋市で不動産業を営んでおります。新着物件情報や業務報告、日々の生活で感じた事などいろいろな情報を発信していきます!

事故物件のはなし

f:id:tokyosangyo2103:20220303132126j:plain

 



こんにちは!

東京産業(株)三田です!

 

 

皆さまは「事故物件」という言葉を耳にした事ありますよね?

なんらかの事件や事故が原因で人が亡くなった物件をさします。

 

 

この「事故物件」、不動産業界では「心理的瑕疵(しんりてきかし)あり」なんていう言葉で表現されます。

 

 

令和3年10月にこの心理的瑕疵について

国土交通省が「宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン」を発表しました。

 

 

これまでは告知に関する判断基準が無い・非常に曖昧な状態だったので、不動産業者や大家さんは過去の判例や自分の認識で告知の判断をしていました。

 

 

今回も”ガイドライン”という少しゆるい表現ではありますが、今後は告知義務についてトラブルが発生した際にはこのガイドラインに沿って行政庁における監督がなされます。

 

 

ずばりどんなことが告知義務に値するかといいますとこんな感じです。⇓⇓

f:id:tokyosangyo2103:20220303123145j:plain

 

 

では逆に、告知義務が発生しない死因等はこんな感じ。⇓⇓

f:id:tokyosangyo2103:20220303123203j:plain

(※但し事件性・周知性・社会に与えた影響等により変化する)

 

 

今まで葛飾北斎くらい引っ越しを繰り返してる私、

借主の目線から思う事があります…

 

 

不慮の死に告知義務が発生しない、とはつまり

前入居者さんが

・階段から転落して亡くなっても

・お風呂で溺れて亡くなっても

・食事中の誤嚥で亡くなっても

 

告知義務が発生しないのです😨!

 

 

告知義務が発生しない=業者が告知してくれないかもしれない

 

という事になります。

 

 

ガイドラインには上記のような不慮の死について

「そのような死が生じることは当然に予想されるものであり、買主・借主の判断に重要な影響を及ぼす可能性は低いと考えられることから、賃貸借取引及び売買取引いずれの場合についても自然死と同様に原則としてこれを告げなくても良い」と記されています。

 

 

皆さまはどう思いますか?

上記死因、私だったら物件を借りるか判断する重要すぎる点になります😂

 

心配だったら「自分から聞く」これに尽きるのではないかなぁと思いました。

 

 

 

しかし今回ガイドラインが発表されたことにより、今まで自然死等が懸念されてしまって物件を借りづらかった高齢者の賃貸問題が緩和されるとの期待がされています🤗

素晴らしいことですね♪

 

 

 

弊社では告知義務に該当しない事項であっても、

買主様・借主様の判断に影響を及ぼす可能性がないか十分に考慮を致しますのでどうぞご安心してお取引ください。

宜しくお願い致します🙇‍♀️